ゴールデングローブ賞の歴代受賞作一覧 | MIHOシネマ

ゴールデングローブ賞の歴代受賞作一覧

ゴールデングローブ賞の概要

ゴールデングローブ賞とは「ハリウッド外国人映画記者協会」の会員の投票によって選出され、与えられる賞のことである。アカデミー賞の授賞式が2月もしくは3月に行われるのに対し、ゴールデングローブ賞の授賞式は1月に行われている。そのため、「アカデミー賞の前哨戦」と呼ばれ、大きな注目を集めている。

ゴールデングローブ賞には、主に映画部門とテレビドラマ部門の2つがある。映画部門はロサンゼルスで公開された映画を選考対象にしており、テレビドラマ部門はプライムタイムに放送された番組や配信された番組を選考対象にしている。映画部門とテレビドラマ部門の両方を兼ね備えているのが、ゴールデングローブ賞の一番の大きな特色と言える。

ゴールデングローブ賞の歴史・沿革

1943年に「ハリウッド外国人映画記者協会」の前身である「ハリウッド外国人特派員協会」が設立され、翌年の1944年に第1回目の授賞式が開催された。始めはテレビドラマ部門は無く、映画作品だけが選考対象になっていた。1955年からテレビドラマ部門が設立され、ゴールデングローブ賞ならではの特色となった。

2012年からヴィジュアル系ロックバンド「X JAPAN」に所属するYOSHIKI作曲の『ゴールデングローブのテーマ』が、ゴールデングローブ賞のテーマ曲に使われている。過去の授賞式の映像や作品の名場面がミュージックビデオに使われており、ゴールデングローブ賞の公式サイトで公開された。

ゴールデングローブ賞の歴代受賞作一覧

映画部門 作品賞(ドラマ部門)

開催回 開催年度 受賞作品
第76回 2018年 ボヘミアン・ラプソディ
第75回 2017年 スリー・ビルボード
第74回 2016年 ムーンライト
第73回 2015年 レヴェナント 蘇えりし者
第72回 2014年 6才のボクが、大人になるまで。
第71回 2013年 それでも夜は明ける
第70回 2012年 アルゴ
第69回 2011年 ファミリー・ツリー
第68回 2010年 ソーシャル・ネットワーク
第67回 2009年 アバター
第66回 2008年 スラムドッグ$ミリオネア
第65回 2007年 つぐない
第64回 2006年 バベル
第63回 2005年 ブロークバック・マウンテン
第62回 2004年 アビエイター
第61回 2003年 ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還
第60回 2002年 めぐりあう時間たち
第59回 2001年 ビューティフル・マインド
第58回 2000年 グラディエーター
第57回 1999年 アメリカン・ビューティー
第56回 1998年 プライベート・ライアン
第55回 1997年 タイタニック
第54回 1996年 イングリッシュ・ペイシェント
第53回 1995年 いつか晴れた日に
第52回 1994年 フォレスト・ガンプ 一期一会
第51回 1993年 シンドラーのリスト
第50回 1992年 セント・オブ・ウーマン 夢の香り
第49回 1991年 バグジー
第48回 1990年 ダンス・ウィズ・ウルブズ
第47回 1989年 7月4日に生まれて
第46回 1988年 レインマン
第45回 1987年 ラストエンペラー
第44回 1986年 プラトーン
第43回 1985年 愛と哀しみの果て
第42回 1984年 アマデウス
第41回 1983年 愛と追憶の日々
第40回 1982年 E.T.
第39回 1981年 黄昏(1981)
第38回 1980年 普通の人々
第37回 1979年 クレイマー、クレイマー
第36回 1978年 ミッドナイト・エクスプレス
第35回 1977年 愛と喝采の日々
第34回 1976年 ロッキー
第33回 1975年 カッコーの巣の上で
第32回 1974年 チャイナタウン
第31回 1973年 エクソシスト
第30回 1972年 ゴッドファーザー
第29回 1971年 フレンチ・コネクション
第28回 1970年 ある愛の詩
第27回 1969年 1000日のアン
第26回 1968年 冬のライオン
第25回 1967年 夜の大捜査線
第24回 1966年 わが命つきるとも
第23回 1965年 ドクトル・ジバゴ
第22回 1964年 ベケット
第21回 1963年 枢機卿
第20回 1962年 アラビアのロレンス
第19回 1961年 ナバロンの要塞
第18回 1960年 スパルタカス
第17回 1959年 ベン・ハー(1959)
第16回 1958年 手錠のまゝの脱獄
第15回 1957年 戦場にかける橋
第14回 1956年 80日間世界一周
第13回 1955年 エデンの東
第12回 1954年 波止場
第11回 1953年 なし
第10回 1952年 地上最大のショウ
第9回 1951年 陽のあたる場所

映画部門 作品賞(ミュージカル・コメディ部門)

開催回 開催年度 受賞作品
第76回 2018年 グリーンブック
第75回 2017年 レディ・バード
第74回 2016年 ラ・ラ・ランド
第73回 2015年 オデッセイ
第72回 2014年 グランド・ブダペスト・ホテル
第71回 2013年 アメリカン・ハッスル
第70回 2012年 レ・ミゼラブル
第69回 2011年 アーティスト
第68回 2010年 キッズ・オールライト
第67回 2009年 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
第66回 2008年 それでも恋するバルセロナ
第65回 2007年 スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
第64回 2006年 ドリームガールズ
第63回 2005年 ウォーク・ザ・ライン 君につづく道
第62回 2004年 サイドウェイ
第61回 2003年 ロスト・イン・トランスレーション
第60回 2002年 シカゴ
第59回 2001年 ムーラン・ルージュ
第58回 2000年 あの頃ペニー・レインと
第57回 1999年 トイ・ストーリー2
第56回 1998年 恋におちたシェイクスピア
第55回 1997年 恋愛小説家
第54回 1996年 エビータ
第53回 1995年 ベイブ
第52回 1994年 ライオン・キング
第51回 1993年 ミセス・ダウト
第50回 1992年 ザ・プレイヤー
第49回 1991年 美女と野獣
第48回 1990年 グリーン・カード
第47回 1989年 ドライビング Miss デイジー
第46回 1988年 ワーキング・ガール
第45回 1987年 戦場の小さな天使たち
第44回 1986年 ハンナとその姉妹
第43回 1985年 女と男の名誉
第42回 1984年 ロマンシング・ストーン 秘宝の谷
第41回 1983年 愛のイエントル
第40回 1982年 トッツィー
第39回 1981年 ミスター・アーサー
第38回 1980年 歌え!ロレッタ 愛のために
第37回 1979年 ヤング・ゼネレーション
第36回 1978年 天国から来たチャンピオン
第35回 1977年 グッバイガール
第34回 1976年 スター誕生
第33回 1975年 サンシャイン・ボーイズ
第32回 1974年 ロンゲスト・ヤード(1974)
第31回 1973年 アメリカン・グラフィティ
第30回 1972年 キャバレー
第29回 1971年 屋根の上のバイオリン弾き
第28回 1970年 M★A★S★H マッシュ
第27回 1969年 サンタ・ビットリアの秘密
第26回 1968年 オリバー!
第25回 1967年 卒業
第24回 1966年 アメリカ上陸作戦
第23回 1965年 サウンド・オブ・ミュージック
第22回 1964年 マイ・フェア・レディ
第21回 1963年 トム・ジョーンズの華麗な冒険
第20回 1962年 ミンクの手ざわり
第20回 1962年 The Music Man
第19回 1961年 A Majority of One
第19回 1961年 ウエスト・サイド物語
第18回 1960年 アパートの鍵貸します
第18回 1960年 わが恋は終りぬ
第17回 1959年 お熱いのがお好き
第17回 1959年 ポギーとベス
第16回 1958年 メイム叔母さん
第16回 1958年 恋の手ほどき(1958)
第15回 1957年 魅惑の巴里
第14回 1956年 王様と私
第13回 1955年 野郎どもと女たち
第12回 1954年 カルメン(1954)
第11回 1953年 なし
第10回 1952年 わが心に歌えば
第9回 1951年 巴里のアメリカ人

作品賞(旧)

開催回 開催年度 受賞作品
第11回 1953年 聖衣
第8回 1950年 サンセット大通り
第7回 1949年 オール・ザ・キングスメン(1949)
第6回 1948年 黄金
第5回 1947年 紳士協定
第4回 1946年 我等の生涯の最良の年
第3回 1945年 失われた週末
第2回 1944年 我が道を往く
第1回 1943年 聖処女